忍者ブログ
  • 2020.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/06/03 09:25 】 |
松本の公演の思い出③
今回、波風刑事(本当は波風さぶって名前だったのに、当日パンフレットで消えていたのは何故?)という役を演じた。

いつも通り老け役だが、いつもと違う。

まず、動く。

私はいつも演技スペースが限られていた。ほとんど動かずに芝居することが多かった。が、今回は動いた動いた。

もう一つ、結構いろんな役と絡んだ。

前回も数人と絡んだと言えば絡んだ。しかし、ホチキス劇団員とあそこまでがっつり絡んだのは初めて。

以上の事も含めて、演じるにあたって、とても難しかった。最初役をもらった時は(その時、名前は北方さぶ)、老けること、そして刑事というものを映画やアニメで研究。友人に射撃指導等もしてもらった。しかし、演技の技術面でどうしても劣る。

他の共演者や演出家に助けて頂いたこともあった。

しかし、波風という役をあそこまでのクオリティに持ってこれたことにあたって、この人の名前は、絶対に外せない。

劇団ホチキスの不動の相談役、船戸さんだ。

彼が決定的なアドバイス、課題をくれた。本番1週間前のことだ。

ギリギリ合格点を頂き、そこから周りからの評価が格段に上がった。私の小手先の技ではなく、技術として演じられるようにしてくれた。とても大きな経験になった。

本番期間に入っても、ちょいちょい気にしてくれて、声をかけてくれた。すごく励みになりました。


そして、一番の思い出は、最終日前日の夜。こっそり呼び出され、大きなお遊びを持ちかけられた。
私は本気でビビった。怒られるだろうと。

「強制はしない。責任も取らない。ただ、そういうことをしてもいいシーンではあるよ。あとはまっちゃん次第」

結果、私はやった。

最終日以前に来られたお客様。1シーンだけ、皆様が見た演技と違いものがございます。最終日を見に来た方。ああじゃなかったんだよ。
さあてどこかな?

正直本気で葛藤した。私は演出の米山さんをとても意識してしまうからだ。もちろん、もちろん共演者の方々も。

後で船戸さんは言ってくれた。今後の僕の役者人生を考えたら、クリアしなくてはならないことだと。
それは他の人からしたらちっぽけなことかもしれない。しかし、今回の公演で、私がぶつかった課題であり、知らず知らずのうちに逃げ出していたことであった。
そこを船戸さんは、すぐに見破り、突きつけてくれたのだ。

本当に勇気がいたよ・・・。やけくそだったし。

しかし、やったことに対して、彼は喜んでくれた。

演出の米山さんや他の共演者はどう思ったか分からない。勝手なことをしたから。(劇団員数名は分かっていたけど)
しかし、今の私の立場を考えたら、悪いけど、どうでもいいことだったのだ。あのお客さんの笑い声が答えだと思いたい。

そして、最後の最後まで、彼は私にはありがたい存在でいてくれた。私の今後の課題を、大きく二つ、与えてくれた。


彼なくして、今回の公演をやり遂げることはできなかった。敬意を込めて、感謝を言いたい。
PR
【2012/09/23 01:46 】 | 雑記 | 有り難いご意見(0)
<<松本の公演の思い出④ | ホーム | 松本の公演の思い出②>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>