忍者ブログ
  • 2020.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/06/03 10:27 】 |
三都物語2(京都での戦友編)
と言うわけで、パソコンからこんばんわ。
姥貝です。

京都編に移ります~。
大阪を後にした私の元に、一本のメールが。

「何時に、京都ですか?」

大学時代からの酒飲み友達、K氏だ。
彼とは、「とりあえずはいらねーから(ビールとかどうでもいいから、酒持ってこい)」が合言葉な間柄である。
そんな彼が、たまたま奈良旅行に来ていたとの事。
出発前に、「あっちで会えるもんなら会いたいな」などと話していたので早速連絡をくれたようだ。

連絡を取りつつ、京都駅にて待ち合わせ。
しかも、

「今日は、とことん付き合いますよ」

と、私と同じ宿まで手配。
素早い・・・。

で、取りあえず、荷をほどき、着替えて街に繰り出す。
とはいっても、洛北の事であまり店もない。
K氏がフロントで仕入れた店へと足を運ぶ。

2927d07c.jpeg










光り輝く看板が、我々を導く。
んで、ここで、再会を祝し、めちゃくちゃな勢いで飲み始める。
ゲラゲラと閉店まで飲み、途中でラーメン屋に寄ったところで大事件!!

なんと、私がカウンターでラーメン丼に突っ伏して寝てしまうと言う大珍事が発生してしまう。
店の人が、

「ラーメン食べながら寝る人始めてみた・・・」

とぼやいていたそうな。
店の人および連れ帰ってくれたK氏、申し訳ない。

んで、翌日。
二日酔いに負けず、殊勝にも、9時集合とした我々は、朝ごはんを求めてホテルを旅立った。

612891f2.jpeg








実にさわやかな鴨川の流れ。
美しい京都の緑を眺めつつ、ホテルから20分ほどの商店街に出る。

3633ce9a.jpeg










K氏「え?今日も元気だ・・・?」
私「・・・、あれだ、ほら、言霊・・・?」

とにかく景気のいい言葉を目にしつつ、商店街に入る。
ああ、大阪と違って、怪しさがなくて安心感が溢れてる。
んで、ふらふら歩いたものの、10時前ということで飲食店は空いていない。

私「あ、ちょ、Kさん!ほら、コロッケあるよ!」
K「あー、まずは、一周してから」

K氏のすすめにより、一周してからコロッケを食べる事に。

d479c746.jpeg










もさもさ食べながら歩く様は、なんというか、モヤさま状態。

fb4d6138.jpeg










そんな中で会った、商店街の看板娘(?)。
こんなところにまで、御当地萌えキャラが・・・。
私が卒論で訴えた「1億総オタク化」が新しい段階に進んでいる証左ですな。

さて、腹ごしらえをしたところで、下賀茂神社を参拝し、そのまま鴨川を登りつつ、上賀茂神社へ。
途中、酒器「今宵堂」さんへよりつつ(この話はまた別の機会に)、ランチをする。

28753c55.jpeg








レストランはせがわ 「特製ランチ 1200円」

明らかに、1200円ではすまない量が載っている。
内容物「ステーキ、からあげ、トンカツ、パスタ、ガーリックライス」
普通、メインとして扱われるものは、こういったプレート物だと0.5人前くらいが乗っているのがせいぜいのところ、ガッツリ1人前乗ってます。
なので、おかずですでに3~4人前。

安い!
が、この年になるとややキツイぞ!!
K氏に手伝ってもらいました。

さらに、昼からワインを頼む。

183b6d95.jpeg










一番上、「フルーテー」とある。
K氏と「フルーティーの間違いだよな(笑)」とかひとしきり盛り上がりつつ、メニューどおりに注文する事に。

私「ワインのフルーテーください」
店娘「フルーティーですね」
私「いや、フルーテ」
店娘「フルーティーですね」
K「はい、赤で」

どっちやねん。
 
PR
【2012/05/04 23:46 】 | 雑記 | 有り難いご意見(0)
<<おくりびと | ホーム | 三都物語1(怒涛の大阪めぐり)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>