忍者ブログ
  • 2020.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/06/03 10:25 】 |
松本から感謝を皆様に込めて
松本です。

劇団ホチキスvol.28「クライシス百万馬力」、ついに終わりました。ご挨拶が遅くなりましたが、疲れてぶっ倒れていました。お許しを。


さて、まずは、見に来てくれた全てのお客様に感謝を致します。

今までで一番大きな劇場でやったのだから当たり前ですが、今までで一番大きな拍手を浴びました。

カーテンコールの時、「どんなもんだい」って顔をして、拍手に媚びないふりをしていました。
あれは、せっかく帽子があったので、学生の時、ロンドンで見たミュージカル、レ・ミゼラブルのジャベール刑事役を演じた方のカーテンコールを意識しまくったものです。
実際は、役ごとに出てきて挨拶する方式で、帽子を胸に当て中央へタタタッて走ってきて、パッと頭を下げて去るのですが、さすがに今回は全員挨拶だったので、気持ちだけ。
あれを見たとき、一瞬失礼って気がしたけど、かっこよかったから、やりたかったなぁ・・・。

見に来てくれた人でその回をたまたま見た方は知っていることですが、実は、私が拍手を浴びたのは、カーテンコールだけではない。
何度か、最後のアカペラミュージカルで、奥さんを改心させ、抱き合うシーン。あそこで拍手が起きたので、とても驚いたが、女性の感嘆の声が聴こえてきた時は、心底嬉しかった。
奥さん役の方の直前の演技や、「本当にやったの?」と何人にも聞かれる程巧みなキスの演技の賜物だと思いますが、一番おいしいんでないかというシーンを頂きました。へへ。


さてさて、今回最大に感謝したい人は、見に来てくれた友人達です。

1ステージが終わり、ロビーに出て、目に入る友人達の顔。心から安心しました。本当にありがとうございました。
今回は精神的にも肉体的にも、ものすごく過酷な公演になってしまい、もう、ずっとそばにいて欲しいと思ってしまうこともありました。
幕が開ける直前、上演中待機している時、その回に見に来てくれている友人の事を思うことで、倒れそうになる体を支え、心を強くキープすることができました。
これが冗談でも大げさな表現でもなく、全くの事実だということが、まだまだ一人で戦えない未熟さを出していますが、今回自分を支えることができたのが、「友」だけでした。改めて心から感謝致します。

今回、お仕事で来れないという方が多かったのですが、それでも励ましの言葉を下さったことがすごく嬉しかったです。時間はかかりますが、また、必ず大きな舞台に立てるように頑張ります。

最後にもう一度、見に来てくれた全ての人に感謝致します。


ご来場誠にありがとうございました。
PR
【2012/09/22 23:55 】 | 雑記 | 有り難いご意見(0)
<<松本の公演の思い出① | ホーム | 出演情報>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>