忍者ブログ
  • 2017.12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.02
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/01/18 04:50 】 |
最近の姥貝さん
どうも姥貝です。
さぁ、繁忙期でもりもり帰れてないZO☆





秋空は、繁忙期に関係なく晴れ渡っております。
この日は、叢雲が天空と私の間に横たわっておりました。

そんな空を眺めつつ、ちょいと前になりますが、ホチキスの小玉さんが個展を開いているという情報を松本からもらい、観に行ってきました。



いいですねぇ。
この看板、欲しいですよ。

とかなんとか、松本とふざけながら入場。
ホチキスの過去公演のチラシ原画が展示されていたり、小玉画伯・加藤画伯の即興ゆるキャラ作成タイムがあったりたいへん楽しめました。
その時のゆるキャラたちはこちら。



若干、大丈夫かと思うキャラがいたりいなかったり…。


また別の日。
今度の舞台の予約を行うために、要町に移動。
無事に契約を済ませて、遅めの昼ご飯。
西池袋にある「いわもとQ」でおそばです。



寒い日には、これに限る。
天婦羅も揚げたてで、サクサクです。
そのあとは、下落合でタムやんが客演しているハッピー圏外さんの舞台を観劇。
前回観に行ったとき同様に、力強いあのお方が登場。
会場を爆笑の渦に、巻き込まれる共演者の方々を恐怖のどん底に陥れていました。

終演後、偶然、2月公演に出演してくれる登尾くんに会いました。
彼も、見に来ていた模様。
記念にパシャリ。

 

今回も、タムやん良い役をもらってました。
一番印象に残っている台詞は、

「あの時代のことを、話してわかるのなら、いくらでも話そう」

ぐっときました。

満足感に浸りながら物販コーナーを見ると、なんと劇中に小道具として出てきたあのお方のブロマイドが!
 
   
 
後藤田文蔵、すごいぜ!!
PR
【2014/11/24 21:38 】 | 雑記 | 有り難いご意見(0)
<<観劇「仮通夜のよる」 | ホーム | 客演情報(最終日まで上位に出ております)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>