忍者ブログ
  • 2020.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/06/03 10:22 】 |
念願の・・・
松本です。


先日、姥殿と浅草に行った。我々のメッカだ。

一月の公演で姥殿が衣装として使用した半纏。公演後、殿が私物として使用していた。しかし、すぐに私が稽古着として借りる。浴衣を着る役だったもので。

そしてそのまま時が流れ、あれよあれよと冬に。またもその半纏を稽古着として使用することに。

なんか借りパクしてるし、俺が着古してるし、このままじゃ殿が冬を越せないし、新しいのを贈ろう。そう思い、久しぶりに浅草に行きました。


姥殿「半纏のことすっかり忘れてたよ」

そのままやり過ごせばよかったと思いながら、新しいものをプレゼンツ。


の前に、我々は最高の贅沢をした。


以前、浅草のウナギを食べようと話していたが、流れてしまったという記事を、夏ぐらいに書いた。

その願いを、我々はついに実現したのである。


浅草から吾妻橋を渡った先にある、「鰻禅」というお店。特上!!2800円!!


とても陽気なおとっつぁんとおっかさんが開いているお店で、鰻をさばくところを見せてくれた。

さばいて、焼いて、と、時間をかけて調理するため、出てくるまで時間がかかる。
となると、昼間っから酒ということになります。

私の大好きな菊正宗の熱燗を、グビグビ飲む。ちびちびじゃない。良いお酒っていうのは、すいすい体に入っていきますね。
お店の方も、出来上がるまでただ黙っているわけではない。
頭を山椒の佃煮にしたもの。肝を生姜とお酒やらで煮たもの。ねぎをひれで巻いて焼き串にしたもの。お酒のつまみになるものを出してくれる。
本来捨ててしまうものを、店主が食べられるようにオリジナルで開発したものらしい。
とにかく美味い美味い!!
思い出しただけでよだれが・・・。

結局、待ってる間に徳利を4本空けちゃいました。


そしてお待ちかね。特上。

一口食べてびっくり。おとっつぁんが「今まで食べたことのない味でしょ?」
まさに。
私はウナギが大好物で、何度か良いウナギを食べたことがあったが、今までに食べたことのない味なのだ。

さばいてばかりで、焼き立てだと、こうも美味しく、ご飯に溶けてしまうくらい柔らかいものなのか・・・。とにかく、なんだこの味はと、ひたすら感動。

さっきまでべちゃくちゃしゃべっていた二人が、徐々に言葉を忘れて、無我夢中で食らいつく。

至福ですよ。


ああ・・・。こういう贅沢を、またしたい。幸せの一言でした。


鰻禅。おすすめですぞ。
PR
【2011/12/14 04:16 】 | 雑記 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<コメディなんてクソくらえ!! | ホーム | 始まった!!>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>