忍者ブログ
  • 2020.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/06/03 10:25 】 |
コメディなんてクソくらえ!!
松本です。

今からおよそ7年前。19歳松本は、アメリカンコメディが大っ嫌いだった。そんなものを見るよりも、ヒューマンドラマや、ラブストーリーを見る男だった。映画で泣きたかったのだ。

そんな頃に、高校の先輩である姥殿と再会した。

姥殿はアメリカンコメディが大好きだった。信じられないくらい好きだった。

そんな私に一本の映画を薦めてくれた。

「サボテンブラザーズ」である。

運命の出会いだった。

ぜひレンタルしてほしい作品だ。

とにかく90分ずっとアホなこの作品に、私はすっかり魅せられてしまった。

それ以来、私はコメディ映画ばかり見るようになった。


このサボテンブラザーズの主演が、スティーブ・マーティンという人。私たちはとにかく尊敬していて、ところどころマネをしている。今でも。(言っちゃいけないことかな?)

最近私は元気がない。稽古もつまらない。

そこで、久しぶりにコメディ映画をみようと思ってビデオ屋さんに行った。

そして、スティーブ・マーティン主演「ピンクパンサー2」を見た。1は見たけど、2はまだ見ていなかった。

お話はいかにもアメリカンコメディといった感じだが、これぞスティーブ・マーティンといった演技を見ることが出来たので、とても満足した。
あと、私はシンプルなラブストーリーが大好きなのだが、ラストのシーンで泣いた。ほんとにもう、完全に分かり切った展開であるのに・・・、泣いた。
メイキングでも、彼は昔から、役者・監督・脚本と、色々手がけてきた有名なコメディ俳優なだけに、信頼が絶大。彼が演じているクルーゾー警部の、決め台詞や見せ場は、すべてスティーブが書いたとのこと。
「彼ならおもしろいものにしてくれる」という信頼のもとに。
NG集でも、共演者が彼に笑わされてNGという場面もあった。すごく楽しそうな現場で、見ていてとても幸せな気持ちになれた。

あんな現場で芝居が作れたら、最高だろうな。

そのあと、メリル・ストリープと共演した、「恋するベーカリー」も借りてしまった。こちらは久しぶりに、スティーブ・マーティンのシリアスな芝居が見れた。彼はまじめにやっても上手いのさ。恋するベーカリーも面白かった。

スティーブ・マーティン。ピンクパンサーシリーズ。お薦め!!元気出た!!
PR
【2011/12/14 04:42 】 | 雑記 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<登山部 | ホーム | 念願の・・・>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>