忍者ブログ
  • 2020.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/06/03 10:19 】 |
公演の思い出(稽古場編)

110410_161149.jpg
110410_164916.jpg

クリック

ホチキスは小屋入り前になると、一週間程ある場所に篭って、徹底的に稽古をする。模擬舞台を作って・・・。

当然劇場とは雰囲気が違うが、実際の大きさに限りなく近づけることで、演出的に可能かどうかを吟味しながら稽古をするのだ。
実際に劇場に来た方は分かるかもしれないが、今回の舞台ちょっと風変わりで、出掃けを見せる作りになっていたり、2階が危ない。なので、誰が何所から出たらいいかというのを、ものすごく考慮していた。
僕はとてもシンプルな出方、はけ方だったので良かったが、人によっては短距離走な人もいた。


今回の舞台は、実質、この稽古場に入ってからが稽古だった。
それまでは、ちょこちょこ試しながらとか、以前の記事にも載せたが、「このシーンはもっとやりようがあるかもしれない。壊してみよう」
などということをしながら稽古をしていた。
がっつり作り上げていくのは、この稽古場に入ってからだった。

とにかく凄いスピードだったが、そこが良かった。ついて行くのに必死な分、集中力も上がったし、時間が過ぎるのもあっという間。充実してました。

だからか、今回はなかなかのセリフ量だったが、その日渡されたシーンのセリフは、大抵数回呼んだだけで覚えた。
ホチキスの人はとにかくセリフを覚えるのが早い。
ある人なんか、それなりの長さのシーンなのに、煙草を吸う10分くらいの時間で覚えていた。

そんなんだから、私一人がいつまでも台本を持っているのは恥ずかしいと思い、必死で覚えていた。

あと、米山さんの台本はセリフが覚えやすかった。


楽しかったのは稽古だけでなく、アップの遊びもだが、それは写真に収められなかった(そんな暇が無かったのさ)。
ショックだったのは、ガッシャブルムのアップはバレーボールなのだが、それは前回ホチキスに出演した時にやったからである。
「俺達もホチキスのマネをするんだ!!」
ところが、
「アップでバレーをやったのは、その公演の時だけだよ」

毎回違うみたい。

アップも稽古も新しい知識を得たので、ガッシャにも取り入れられるところがあったら取り入れよう。
PR
【2011/04/23 00:25 】 | 雑記 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<公演の思い出(劇場編) | ホーム | あっぶねー>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>