忍者ブログ
  • 2018.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/04/24 09:49 】 |
休日
さてさて、土曜日。
休日でございます。
朝から、仕事ならぬ仕事な会議(母校同窓会活動)があり、母校の支援について色々と話し合いをし、昼前に母校を後にする。
思えば、不思議な縁で同窓会活動に参加したのだが、長くなるのでまた今度。


で、母校から一駅歩いて、ちょっとした盛り場に着く。
まぁ、片田舎の盛り場なので、高々しれてはいるが、私はここの古くからの商店街と飲食店が好きだ。
線路を挟むと再開発の波がおびただしく、あまり面白くもないが、仕方ない。

そんな中に、蕎麦屋がある。
古臭い店構えで、それを好ましく思うのだから、私もだいぶん年寄り臭いと言える。
何より、蕎麦屋は、呑むのにうってつけであるのはいうをまたない。
昼だが、構わずに2合やる。
板わさと天ぷらで呑むのは、たまらないものがある。
ここの店の天ぷらは、二つある。
「天皿」と「一口天ぷら」であり、私が頼んだのは後者だ。
獅子唐とぶつ切りにされた海老天が、なんの造作もなく鉢に盛られている。
ただ、それだけなのだが、海老がうまいし塩味もなかなかよい。

呑み食いの話はさておき、この蕎麦屋の二階座敷は面白い。
いわゆる、シチュエーションコメディのようだ。
目の前に夫婦が座っているが、どうも大陸の人らしい。
奥さんは、全く日本語を話さないが、注文は旦那さんが取る。
座るなり鼻紙を取り出し、鼻を鳴らして、さらには喉もガラガラと鳴らす妻。
それを見ているのかいないのか、購入した本の帯を見つめ続ける夫。
端で見ていて、笑いそうになる。
別に、大陸の人の民族性が。ではない。
あまりの夫婦の噛み合わない絵が面白い、などと言ったら怒られそうだが。

また、端では、3年も引きこもっていたらしい息子と来た、母がいる。
息子は、心を改め、就職したようだが、早くも「7時起き」を嘆いている。
慰める母を尻目に携帯電話を手繰るあたりが、何とも言えない。

馬鹿にしているわけではなく、世の中、高々、蕎麦屋の二階で見るべき芝居が出来上がっている。
私の脚本はどうか。
反省しきりである。
PR
【2011/06/25 12:31 】 | 雑記 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ささいなこと | ホーム | なぜ?>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>