忍者ブログ
  • 2018.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/04/24 09:58 】 |
なぜ?
松本です


体重を量ったら、3キロ痩せていた。なぜ?今やっているバイトを始めて3週間。一週間に1キロ痩せている計算なのか?
肉体労働ではない。ってことは、ストレスってことですか?

ま。間違いないけどね。今までで最悪な環境の職場だよ。前にも言ったかな?俺がいかれているのは分かっているけど、あそこで働いている人達はよく平気だよ。俺には理解できないね。
そこであと6週間働かなくちゃならない。その前にクビになるだろうし、それを望んではいるが、あと6キロ痩せるのかと思うと、頑張りたいね。


どうやら今週は、BSでアクターズ・スタジオ・インタビューが、月~木までやっていたようだ。
なぜもっと早く気づかなかった・・・!!
たまたま気がついたのだが、その時のゲストを見る事ができたのは不幸中の幸い。

ちなみにどんな番組かというと、アメリカの名門演劇学校、アクターズ・スタジオ出身のハリウッド俳優が、生徒の前で司会と対談する番組。
ショーン・ペン。ダスティン・ホフマン。トム・ハンクス。トム・クルーズ。ミシェル・ファイファー。挙げたらきりが無い。

で、俺が運よく見る事が出来たゲストは、

「色あせた金髪の男が気になるのはなぜ?答えは一つです。ミッキー・ローク」

この言葉は二年前、「レスラー」でアカデミー主演男優賞にノミネートされたときに、ベン・キングズレーに紹介されたときの言葉です。受賞したのは私が崇拝するショーン・ペンだったが、個人的にはミッキー・ロークだと思った。

まあ、それはそれ。

とにかく衝撃の人物だった。その「レスラー」で始めて見たのだが、あの時の衝撃は忘れない。メンバーの田村さんと、わざわざ品川まで観にいったっけな。

今までいろんなゲストを見て来たが、番組中煙草を吸いながら対談したのはショーン・ペンとミッキー・ロークだけだ。ただし、ロークはずっとスパスパやっていた。
司会者のジェームス・リプトンから、トークの資料を奪おうとしたのは彼が初めてだろうし、ジェームスに「アホめ」と言われたゲストも初めてだろう(もちろんお互い冗談でだ)。

ただし、ゲストの生い立ちを聞いて、あそこまで感動したのも(もしかしたら私だけではないかも)彼が初めてだ。

普通、出演作品を順に追ってトークしていくのに、彼に限っては、その人生の出来事ばかりだった。
一番涙した話は、彼が最も勇敢な男は弟だという(一番大切な存在だったようだ)。その弟が病院で寝ているところへ彼が来ると、医者が「本当ならもう数日前に亡くなってもおかしくなかった。何が言いたいか分かるか?」
うなずいたロークが弟に別れの言葉を言うと、その30秒後に亡くなったという。

なんという奇跡だ。きっと弟にとっても、兄が一番大切な存在だったのだろう。

送ってきた人生はものすごく酷いものだったが、レスラーと共に復活したことも奇跡的だ。とにかく無作法でバイオレンスな男だが、とても魅力的な男だ。
しかし、貫禄がありすぎて怖い。最後に生徒の質問に答えるコーナーがあるのだが、生徒が完全に圧倒されて、ビビリすぎて震えながら質問してた。怖すぎてこっちまで緊張した。

お金が入ったら、彼の芝居を追うことにしよう。
PR
【2011/06/24 23:58 】 | 雑記 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<休日 | ホーム | 久しぶりに>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>