忍者ブログ
  • 2020.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/06/03 09:09 】 |
ガッシャ登山部から
運動不足が最近ひどい姥貝です。

山が大好きなガッシャブルムメンバーで、登山に行ってきましたよ。

え?「山が好き」なんて初耳だ?
安心してください。
私も初耳だから。
さて、行ったのは高尾山。

0f5ac30b.jpeg







駅前集合時間に、デフォルトの如く遅れてくる代表松本をひとしきりなじった後、出発です。

8b2755b3.jpeg










はい。
出発5分後の姿です。

「朝、食ってねぇンだよなぁ」

という誰かの発言により、団子屋で栄養補給です。
もうこれで、24時間戦えますよ。
代表はすでにやりきった感のある顔をしてますが、まだ5分しか歩いてないですよ!

さて、今回は、高尾山の常連である代表松本がばっちり案内してくれるという話。

松本「あーっと、1号路は舗装もされてるし、一番楽な奴だから安心してね」
2人「あいよー」
松本「あ、いや、違うな、あれだ、最初の20分がだいぶきついんだったな、いや、30分か?えーっと、あれだ、そんな感じ」
2人「・・・」

心強い案内人ですなぁ(迫真)。

で、登ってる最中に取った写真。

df4ae96b.jpeg








なんというか、ポーズが昭和。

さて、心強い案内人松本の言う通り、最初の40分がきつかった。
舗装されているとはいえ、なかなかな急勾配。
しかも、そこを登りきって平たい道に出たと思ったら、

松本「この先は急な階段があります。あれ?最初に言いましたよね?」
2人「・・・」

415206ae.jpeg










心強い(以下略)に導かれ階段をどんどん登っていく我々。
途中、お寺があり、「縁結び」をめっちゃ謳っている。

1838a80f.jpeg








私 「ふん、まったく、どいつもこいつも・・・」
松本「200円にぎりしめてどこに行く」
私 「い、いや、お茶を・・・ね?」
田村「いいから、引こうぜ!」

人間、素直が一番です。

姥貝「どれどれ、『人生最良の日が近いうちに』だってさ!がはは!」
松本「その後ろに『結婚できるように身を慎みなさい』ってありますよ」
田村「・・・(じーっ)」

お前ら、なんだその目は。

更に進んでいくと、今度は神社が。
神社が好きな私は、ここでもおみくじを引くことに。

「『凶』 待ち人 来らず」

ななな!?

9da84ffa.jpeg










田村「かわいそうにね」
松本「『行く手は崩れ去り、後ろには荒波が』って書いてありましたね」

こら、ひそひそと憐れむな。

そんなこんなで、ようやく山頂に着く。
山登りの醍醐味は、やはり、この山頂から見る景色ですね!

447a6315.jpeg








パシャリ(シャッター音)。

ええ、酒ですとも。
何のために苦労して登ってきたと思ってんですか。

山頂で2合ばかり呑んで、下山。

60d80726.jpeg








さわやかに下山するタムやんとブレるほどの私。

次回は神奈川にある大山だ!
何て言ってた時期が私にもありました・・・。
ええ、まずは、高尾山で訓練ですよ。


おまけの一枚

8157f843.jpeg








山頂で物思いにふけるタムやん。
彼は、高尾の峰々に、一体何を思っていたのか・・・。
PR
【2012/06/10 10:52 】 | 雑記 | 有り難いご意見(0)
<<体操が好き | ホーム | 三都物語(いい仕事してますねぇ編)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>