忍者ブログ
  • 2018.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/08/14 22:27 】 |
130人
脚本とか担当の姥貝です。

昨日、友人に誘われて有村架純・東山紀之主演の「ジャンヌ・ダルク」を観に行ってきました。
場所は、赤坂ACTです。

久しぶりに、あれだけの大人数舞台を見ました。
エキストラ含めて130人てどんな感じなのか、舞台の上での戦闘描写ってどんな感じなのか等々、勉強になりました。
ま、今のところあんな大掛かりな装置使う予定ないですけどね。

3時間(途中20分休憩あり)に及ぶ長編でしたが、あきずに最後まで楽しめました。
主演を取り巻くキャラクターが非常に魅力的でよかったです。
特に、西岡徳馬、田山涼成2人の濃いダークなキャラクターが私の好みでした。
いいねぇ、悪役。
私もやりたいなぁ。
悪役をやったのは、かれこれ10年以上前の1回きりだもんなぁ。

あと、山口馬木也も良かったです。
昔、テレビの剣客商売で見て、かっこいいなぁと思っていたんですが、今回もかっこよかったですよ。
ただ、主人公と敵対しているイングランド軍ですが。
個人的には、主人公側のフランスよりも、イングランド軍の赤を基調とした服装が好きでした。
なので、赤いイングランド軍旗が翻っていると、なんか妙に興奮しちゃったり。

牛かと…。
PR
【2014/10/19 13:20 】 | 雑記 | 有り難いご意見(0)
<<出演者決定!! | ホーム | ガッシャ会議>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>