忍者ブログ
  • 2018.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/04/24 09:54 】 |
貧乏
松本です。

ネガティブなタイトルでごめんあそばせ。

私は貧乏だ。裕福だったことは多分無いと思う。飲みに行くと、よくメンバーにお金を借りることもしばしばあるのは申し訳ないが、私は貧乏でも平気な男だ。
いや、お金を借りるのは申し訳なく思ってますよ。

大した稼ぎも無く、大して息つく暇も無く舞台を二年間やってきたから、やはり今も貧乏だ。前に書いた通り職を失ったし。

時には貧乏にはまっていたこともあった私だが、もちろんそんな私を快く思う人はいないだろう。

だが私の先生は違った。

一昨日稽古の後、何やら近場にシュウマイ屋が出来たから、一杯引っ掛けることに。
が、私はお金を使わないように、交通費しか財布にいれていなかった。給料日よ早く来いと思いながらも、私は断らざるを得なかった。


そしたら、「んなもんどうでもいいんだよ。払ってやる」と、一杯おごってくれた。

久しぶりのビールはうまかった。

この一杯で、先生はとても気分がよくなり、他にも生徒さんがいるのに、ずっと私と二人で語り合う形になってしまった。

他の生徒さんに申し訳ないと思いながらも、しかし、先生と私はうまが合う。

この貧乏に関しても考え方が同じだった。

「いくら貧乏してたって、芝居をやりたいんだからやればいいんだ。好きな事やりゃいいんだ。なのにetc」

他にも、いろんな点で私と考え方が似ている。今まで好きな事をやらせてくれたのも、そういう点で、先生がしてきたことを私にやらせてくれていたわけだ。先生と俺の何が違うかといったら、多分情熱の大きさだと思う。
ただ、私は先生の前では最強になる。環境に左右される男、松本だ。

前にも書いたが、私は稽古の出席率は最低だ。それでも久しぶりに顔を合わせると、腕試しをしたり何かしら語り合ってくれる。決して雑に扱わないでくれる。
懐がでかいというか、大雑把というか、まあそんな感じなのだ。

この数年で、芝居の話を真剣に語り合える人を失ってきた。が、本気で話し合える、兄貴分のヤマさんや、先生との出会いもあったわけだ。

まあ、それが嬉しいと思ったという話だ。
PR
【2011/06/12 01:39 】 | 雑記 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<バタバタ | ホーム | 迷惑メール、勝手にドラマを作るな・・・。>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>