忍者ブログ
  • 2020.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/06/03 09:49 】 |
打ち上げ2&豆知識2
今日は先週に引き続き、我らが聖地、酒菜屋にて打ち上げをやりました。充司くんが病から復活したからね。
ふふ。全体打ち上げ含めて、もう四回目の打ち上げさ。
飲む口実が出来たら決して見逃さない我が酒民党です。


充司「志村けんは尿酸値をあげないために、牛乳にきな粉を入れて飲むらしいですよ」
姥貝「はぁ・・・。大豆がいいんかね?」
田村「きな粉って大豆なの?」
充司「大豆ですよ」
姥貝「なんでみっちゃんは枝豆が大豆って知らなくて、たむさんはきな粉が大豆って知らないのよ。なんで一個ずつ知らないの」※過去の日記、豆知識参照
松本「(豆知識出た・・・)」

高級な日本酒をおいしく楽しく頂きました。


110130_001118.jpg

写真だよ。

写真は飲み会に一切関係ない、今回芝居中に私が使った聖書の正体。
チャールズ・ブコウスキーの「詩人と女たち」

内容は、というかこの人の書くものは全て、酒と貧乏とエッチの話。人間の底辺です。とにかく聖書と真逆な内容。
なんかこういうことをしたくなる。誰も見てないところで、真逆なことをしたくなる。

ちなみにこの作家さん。アメリカで好きですというと、皆に「お前おかしいんじゃないの?」って笑われるそうです。
私が尊敬するハリウッド俳優、ショーン・ペンがこの作家を好きなのだが、やはり「何故好きなんですか?」と、質問されていた。
彼は、

「全くなんでもない日常を、詩的に表現出来るところが素晴らしい」

と言う。
私は、時折人間の本性のようなもの、誰もが自分の中で触れたくないような部分を、さらっと覗かせる表現に腰を抜かすほど衝撃を受けたので好き。

「勝手に生きろ」が一番お薦めの作品です。私の第2回公演でお蔵入りになった作品で、かなり影響を受けている。蔵から出して、皆に見せたいものだ。でも無理だろうな。新作も場面場面出来てきてるし。
ちなみにそれも、お蔵入りの予感がしてます。

とりあえず書くしかない。
PR
【2011/01/30 00:42 】 | 雑記 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<公演後記その2 | ホーム | 打ち上げ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>