忍者ブログ
  • 2020.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/06/03 09:40 】 |
ダブルフライジャパニーズヌードゥー
さてさて、しつこい風邪もようやく鼻水を残すだけになりました、姥貝です。

今日、職場で、

「君の報告書は、読みやすいけど、小説だよね?」

と指摘され、嬉しさ半分、事務職失格半分で複雑です。
んで、そんな帰路。
今日は夜に飲みに行くのだが、飲み会まで2時間半。
だいぶ時間がある上に、腹も空いているので、手っ取り早く立ち食い蕎麦屋へ入る。

「加賀金時かき揚げ」なる単語に惹かれ、ボタンを押す。
食券をカウンターに出し、しばし待つ。

「へいっ!かき揚げ蕎麦お待ちっ!!」

大将が声をかけるが誰も動く気配がない。

(…?私のことか?あれ、金時は…?)

疑問符で頭を埋めつつ、カウンターへと足を運ぶ。

私「あの、金時…」
店「えっ!!あ…(小声で)金時は先ほど出したんですが、あれ、あちらのお客さんが持って行っちゃったようです」

大将が目で示す先で、私の一つ前に食券を出し「かき揚げ蕎麦」を頼んだおっさんが蕎麦をすすっていやがる。

店「すみません。そしたら、いますぐ金時乗せてよろしいでしょうか?」
私「へぇ、お願いします」

と受け答えすると、目の前にあるかき揚げ蕎麦に金時かき揚げが乗っかる。
「いますぐ」ってそういうことか!!
某ピエロ野郎の店で出る「ダブルなんたらバーガー」のような状態。
名付けるなら「かき揚げ蕎麦の金時かき揚げ盛り」。

大将はにこやかに「へい、お待ち!!」と差し出す。
うん。
まぁ、2時間半あるし、消化できる……よね?
PR
【2011/11/02 18:32 】 | 雑記 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ウイスキー | ホーム | ズルズル>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>